【蔵出しスタッフのほとめきブログ】お出かけ情報や美味しい食べ物などを綴った蔵出しめんたい本舗スタッフによるオフィシャルブログです

蔵出しスタッフのほとめきブログ
蔵出しめんたい本舗 ホームページはコチラ
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
記事検索
最新記事
月別記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

蔵出しめんたいの輪!
design by 近代図案
大イチョウ
先日、熊本県の小国町まで、ドライブに行って参りました。

この黄色の絨毯が、たった一本の木から出来たものだと信じられます?Σ(゜д゜lll)
宮本11

下城の大イチョウは、樹齢千年をゆうに超えているとも言われ、
その枝張りは40メートルに及ぶ巨木なんですねー。
宮本33
と言っても、えぇもちろん御察しの通り、これだけの絨毯を完成させているからには、
本体はかなり寂しげでしたけれど…。
うぅっ…2時間かけてやって来たのに。・゜・(ノД`)・゜・。

小さな小さな双子の鳥居は、淡嶋神社にお詣りをしてからくぐると、
願い事が叶うのだそうで。
宮本22
でも、そうは言われましても、ここは会社のブログ
冷静に考えれば、くぐるのに四苦八苦している、
あられもない姿を晒すわけにもいきませんので、
ここはひとつ、私の分身とも言えるべきメガネで、ご勘弁を。(笑)

秋は確実に深まっているのですねぇ。

【宮本】
イルミネーション
久留米のシティプラザのイルミネーションを見てきました

角222

街並みも華やかになり、見てるだけで楽しくなります。

角11

イルミネーションを見てると心もほっこりしますね

【角田】
最後の思い出の旅
先日、長崎ハウステンボスへ行ってきました。
目的は研修生に最後の思い出をプレゼント。
蔵出しめんたい本舗の工場に、初めてフィリピンから研修生を受け入れたのが3年前。
その第一期生が3年間の研修を終え、来月フィリピンへ帰ってしまうのです


悲しい現実は頭の片隅へ。
思いっきり楽しんできました

IMG_8955.jpg





私自身、ハウステンボスへ行ったのは何年振りだろう。。
色々なアトラクションが増えていました。

IMG_8966.jpg





ショコラ伯爵の館では「美味しそーーーー」「食べたいーーー」とはしゃぐ彼女たち
3年前に来日した当時は全く日本語が分からず、ホームシックもあってか、こんな笑顔も見れなかったような気がします。

IMG_8979.jpg




彼女たちにとって、ヨーロッパの街並みを再現したパーク内は、初めてみる景色や建物ばかりで散策中も至る所で「パシャパシャ」と撮影会が始まり、なかなか前に進みません

IMG_8985.jpg


敷地面積は東京ディズニーリゾートの1.5倍あるそうです。。。

IMG_8981.jpg




バンジージャンプにも挑戦!!
高所恐怖症の私は、撮影のために泣く泣くここまで登ってきました

IMG_9002.jpg IMG_8996.jpg



夜になると綺麗なライトアップに感激

IMG_9010.jpg

IMG_9014.jpg



彼女たちが母国へ帰ってしまうのは本当に寂しいけれど、日本で見た風景や出会った人たちの事、蔵出しで経験したたくさんの思い出をフィリピンで待っている家族や友達に話してくれると嬉しいな

IMG_9020.jpg


また会おうね!
See you again!


アメリカからのお客様
辛子めんたいこの原料はすけとうだらの卵ですが
原料のすけとうだらは①アメリカ②ロシア③日本(北海道)
で獲られています。

そして本日、アメリカの水産会社のご一行が来日されました。
総勢18名です。それぞれシアトル、アンカレッジ、ダッチハーバーからと長旅です。

ダッチハーバーとかメチャ遠いです。
この人たちは、いつも私たちが使っている原料を作ってくれている方たちです。

定期的に来日されては、今年の原料はこうだった。来年はこうしてほしい。
などの会議をして日々良い商品作りを考えています。

そして昼食を弥生が丘店でとりました。
人数も多いのでこの日は貸切です。
みなさん毎回めんたいこを使った料理に興味津々です。

お客様1
最後に記念撮影しました。
そしてせっかくランチに来てくれたのに入れなかったみなさん。
ホントごめんなさい。
精一杯おいしいめんたこを作ります。

【八兒】
引越し
10月も終わりに近づき昼間は涼しく、
朝晩は少し寒いくらいになって来ました。
この季節を待ってわが家では引越しをしました。

引っ越したのは僕ではなく水槽です。
実は一年計画で水槽を大きくする案件が
家族会議にて承認されたのであります。
なぜこの時期かというと理由は後ほど。

本日は8:30作業開始

生体の移動
①引越し1

②引越し2
こんな置きっ放し状態なので水温の変化が少ない
この時期に引越しをした訳です。あとは春先でも良いですね。
イソギンチャクだけは窮屈ですが別にします。
このイソギン、名前を「ロングテンタクルアネモネ」通称「LT」といいます。
買った時は直径10cmぐらいだったのに今では45cm程に大きく成長し
クマノミ以外の魚が全部食べられてしまった事で、今回の水槽倍増計画につながりました。

水槽の解体
③引越し3
それなりに機材があるので部屋の中がすごい事になっています。

④引越し4
水槽には約30kgの砂が入っているので出すのも大変です。

掃除中
⑤引越し5
掃除は子供にまかせて着々と移設の準備をします

移設完了
⑥引越し6
あとは水が澄むのを待って生体を入れていきます。

濾過槽
⑦引越し7
一番大切な心臓部です。

本来なら他にもたくさんの機材を仕込まないといけませんが
コンセントの数が足りないので必要最小限です。
それでも8個のコンセントを使用しています。
移設前は17個くらい使用してました。

あまっていた水槽で海ブドウの養殖始めました。
⑧引越し8

作業終了は20:30 疲れた~
まだ部屋の後片付けはしてませんが。

⑨引越し9
サンゴを飼育するにはいろんな機材のほかにも
添加物(栄養)を与えなければいけません。
これらの添加物は毎日与える物、週3回、週1回など
さまざまです。面倒くさいです。
そして今、全てを自動で出来る様にシステムを組んでいます。
 
完全自動化めざして着々と進めていきますので
その都度報告したいと思います。

めざせ水族館

【八兒】


Copyright 蔵出しめんたい本舗 All Rights Reserved.